みん経トピックス

リバーフロントマルシェパドリングフェスタ

「ミズベリング近江八幡会議」開催へ 「西の湖廻遊路計画」実現に向け意見交換

「ミズベリング近江八幡会議」開催へ 「西の湖廻遊路計画」実現に向け意見交換

「ミズベリング近江八幡会議」のポスター

写真を拡大 地図を拡大

 近江八幡商工会議所(近江八幡市桜宮町)ホールで9月27日、「ミズベリング近江八幡会議」が開催される。主 催は、近江八幡市などから成る近江八幡デザイン・カレッジと滋賀県立大学で、ミズベリング・プロジェクトなどとの共催。

「西の湖」廻遊路のビジョン(イメージ)

 「西の湖廻遊路計画」実現に向け、水辺のポテンシャルに気付き、きっかけとなる会議を目指すもの。西の湖から八幡堀へと続く水辺空間について、これまでの活用について見直し、これからの活用のあり方について考える。

 当日は、「西の湖廻遊路計画について」をテーマに、滋賀県立大の松岡拓公雄教授が同大COC事業における、西の湖の活用に関する地域課題研究の報告を行うほか、近江八幡市まち・ひと・しごと創生事業・観光地域づくり部会における西の湖活用プランも発表する。

 さらに、水辺空間の新しい活用の可能性について「ミズベリング・プロジェクト」事務局の滝澤恭平さんが、成安造形大学「自然学」プロジェクトにおける、水辺をテーマにした事例と取り組みを成安造形大学の岡田修二学長が、それぞれ紹介。

 松岡教授がファシリテーターを務めるワークショップでは、「西の湖廻遊路計画」を踏まえたグループディスカッション、近江八幡市の水辺空間の生かし方についてのアイディエーション、今後の実現に向けた意見交換などを予定する。

 開催時間は13時30分~16時。参加無料。定員は50人。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

アクセスランキング