みん経トピックス

中目黒にハワイアン新店相模原でかかしフェス

インターコン石垣のスタッフが与那国島のナンタ浜でビーチクリーン活動

インターコン石垣のスタッフが与那国島のナンタ浜でビーチクリーン活動

「IHGファウンデーション・ウィーク」に参加したスタッフ

写真を拡大 地図を拡大

 ANAインターコンチネンタル石垣リゾート(石垣島真栄里、TEL 0980-88-7111)は、インターコンチネンタルホテルグループ(IHG)がおこなう「IHGファウンデーション・ウィーク」の一環として与那国島・ナンタ浜でビーチクリーン活動などを実施した。

ビーチクリーンの様子(与那国島ナンタ浜)

 IHGホテルグループが地域貢献と社会的責任を果たすことを目的に世界的な規模でおこなう同活動。社会貢献活動を実施し、活動件数や内容に応じた金額を基金へ寄付する仕組みで、2015年には75以上の国と地域の800以上のホテルから、およそ10万人の従業員が参加。2016年には、20万米ドル(約2,002万円)の資金が寄付金として活用されている。

 ANA インターコンチネンタル石垣リゾートでは、9 月26 日から10 月3 日までの期間、クルージングツアー、ビーチクリーン、サンゴアート、テニス、沖釣り、於茂登トレッキング、ラジオ体操、エコウォーキング、凧つくりなどのイベントを実施して社会貢献活動をおこなった。特に、台風被害の大きかった与那国島でのビーチクリーン活動では、与那国町役場より清掃場所の選定に協力を得て、同ホテルの柳島司総支配人も参加した。

 ビーチクリーン活動に参加した同ホテルの黒野ひかりさんは「砂浜にはプラスチック製品などの自然に返らないゴミが多く、集めながら考えさせられた。清掃後のきれいな浜辺を見て達成感と嬉しさがこみ上げてきた。八重山の美しい自然を守っていきたい」と話す。

 同ホテルでマーケティングコミュニケーションを担当している上山香織さんは「今年からこの活動を運営をするチャリティ団体が創設され、コミュニティ単位でのホスピタリティ人材育成支援、災害の被災地への援助、地域コミュニティの開発促進、環境保護の4分野を中心としたて展開して行くことになる。私たち石垣の従業員も今まで以上に参加し社会に貢献したい」と話す。
(石垣経済新聞)

グローバルフォトニュース

最新ニュース

アクセスランキング