みん経トピックス

世界ジュニアサーフィン予選青いモクズガニがクモズ川で

大阪の本町橋で「橋洗い」イベント 約60人が1年の汚れ落とす

大阪の本町橋で「橋洗い」イベント 約60人が1年の汚れ落とす

本町橋の汚れを落とす参加者

写真を拡大 地図を拡大

 大阪市内最古の現役橋である本町橋で9月23日、「橋洗い」が行われた。主催は大阪市中央区役所。共催に本町橋100年会。

「高橋知道カルテット」によるジャズ演奏

 同イベントは、古典芸能・芸術を通じた船場地区活性化事業「古典芸能×近代建築 船場を遊ぼう」の一環。「市民自身の手で地域を奇麗にすることで、街を大事にしようという思いを持つ」ことを目的として、2013年から始まり今年で5回目となる。今年は約60人の参加者が、完成から104年となる本町橋をデッキブラシで洗った。

 大阪市中央区役所の林敬二さんは「毎年の開催でイベントの認知が進み、参加者も増えてきている。雨が心配だったが、無事に開催できて良かった」と笑顔を見せた。

 橋洗いの参加者は「知り合いがいて、職場も近かったので参加した。今回初めての参加だったが、橋にたまった1年分の汚れを落とすのは楽しかった」と話した。

 橋洗い終了後には本町橋船着場にて、サックス演奏家の高橋知道さんをリーダーとした「高橋知道カルテット」による「水辺のJAZZ演奏」が行われた。橋洗い参加者や通行人たちがジャズ演奏に耳を傾けた。

 関連イベントとして11月28日まで、橋上と船着場では「本町橋いま・むかし展」を開催する。橋の欄干を活用し、本町橋と本町通り界隈の歴史の変遷を約100点の写真や資料で紹介。雨天時は山本能楽堂で開催する。
(船場経済新聞)

グローバルフォトニュース

最新ニュース

アクセスランキング