みん経トピックス

氷上ワカサギ解禁に2百人琵琶湖岸の木々華やかに

日向・入郷で山暮らし体験 2泊3日6食付きで5000円

日向・入郷で山暮らし体験 2泊3日6食付きで5000円

前回の「山ごこち体感ワークステイ」の様子

写真を拡大 地図を拡大

 日向市、門川町、美郷町、諸塚村、椎葉村の耳川流域で2月2日~4日、山の暮らしを体験する2泊3日のイベントが開催される。主催は日向・東臼杵市町村振興協議会。

2泊3日の中で林業体験も

 宮崎県北部にある耳川は、農業遺産に認定された椎葉村、諸塚村の山里から、日向灘まで流れ、その流域は豊かな自然環境で知られる。同イベントは、農業、林業が盛んな土地での暮らしに興味を持ってもらいたいと企画された。

 1日目は日向市東郷町の個人宅を訪問し、ピザ作り、そば打ち、まき割りの田舎暮らし体験。2日目は、美郷町での林業体験のほか、同町と諸塚村で郷土料理作りと田舎暮らし体験、椎茸コマ打ち体験、夜は諸塚村にて夜神楽鑑賞を行う。3日目は美郷町での金柑収穫体験などを予定している。

 日向市総合政策課の中田宏さんは「耳川流域では今なお残る豊かな自然と共に、人々がのんびりと暮らしている。地元の人たちとの交流や郷土料理を通して、この土地の魅力に気付いてもらえれば」と参加を呼び掛ける。「良さを知り、一人でも移住してくれる人がいればうれしい」とも。

 参加費は2泊3日6食付きで5,000円。参加条件は山暮らしや山の仕事に興味のある16~55歳の男女。定員は15人。応募締め切りは1月26日。申し込みは電話(TEL 0982-52-2111・日向市役所代表)、専用申込サイトなどで。問い合わせは日向市総合政策課政策推進係まで。
(日向経済新聞)

グローバルフォトニュース