みん経トピックス

琵琶湖岸の木々華やかに大分・津久見で桜まつり

トリップアドバイザー「人気上昇中の観光都市2018」で石垣市が世界1位獲得

トリップアドバイザー「人気上昇中の観光都市2018」で石垣市が世界1位獲得

「石垣島へ行ったならば必ず立ち寄りたい場所」と口コミされた川平湾

写真を拡大 地図を拡大

 旅行サイト「トリップアドバイザー」が1月18日に発表した「トリップアドバイザーの口コミで選ぶ、人気上昇中の観光都市2018」で、石垣市が世界ランキング1位になった。

 同調査は、2016年10月から1年間にトリップアドバイザーに投稿された口コミの件数や予約関心の増加状況を基にランキングしたもの。世界中の観光客の多くが石垣市での滞在に満足し再び訪れてみたいと強い関心を持っていることが明らかになった。

 トリップアドバイザー(日本法人=東京都渋谷区)の担当者は「『人気上昇中の観光都市』で日本の観光地が世界1位になるのは初めて。世界中の観光客が評価したことになる」と話す。

 石垣市で一番人気の観光スポット「川平湾」の評価が高く、「ガイドブックで見た写真と同じ景色が広がる。石垣島へ行ったならば必ず立ち寄りたい場所」「定番中の定番」「絵に描いたような美しい眺め」といった声が寄せられており、石垣について英語圏の観光客からは「フレンドリーなスタッフが多く、マンタ遭遇率が高い」などの口コミがあるという。

 結果を受け、中山義隆市長は「石垣市は、ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンで3つ星を頂いた『川平湾』をはじめ、ダイビングエリアとしても有名な美しいサンゴ礁とエメラルドの海に囲まれた豊かな自然にあふれる島。夜景は、88ある星座のうち84の星座を見ることができる世界有数の星空の宝庫と呼ばれている。南国のフルーツや、地域ブランド和牛『石垣牛』などは、食通の皆さまに満足していただける。古くから『詩の国、うたの島、踊りの里』と言われ、美しい風土や細やかな人情によって育まれたさまざまな民俗芸能が盛ん。ぜひ来訪を」と呼び掛ける。

 「人気上昇中の観光都市2018」世界ランキング上位5位は以下の通り。1位=石垣市(日本・沖縄県)、2位=カパア(米国・ハワイ)、3位=ナイロビ(ケニア)、4位=ハリファックス(カナダ・ノバスコシア州)、5位=グダニスク(ポーランド)。

 同調査のアジア地域では、石垣市に続いて第2位に高山市(岐阜県)がランキングされている。
(石垣経済新聞)

グローバルフォトニュース