みん経トピックス

中目黒にハワイアン新店沼津・我入道で渡船始まる

バリ島でビーチクリーン 「恥ずかしい!ゴミのポイ捨て」合言葉に

バリ島でビーチクリーン 「恥ずかしい!ゴミのポイ捨て」合言葉に

アグン山をバックにビーチクリーニングの参加者ら

写真を拡大

 バリ島で2月21日、国を挙げてゴミ問題に取り組むイベント「National Hari Peduli Sampah」が開催される。ゴミ問題に対する意識向上を目指す。

ポイ捨て防止の看板

 同イベントは「Malu Dong Community」が主催する。デンパサール市内の中学校(SMP)の生徒ほか、市民の参加を呼び掛ける。昨年はおよそ3000人の市民が参加した。 「ゴミ問題は個人の意識改革から始まる」というNyoman Bimoさんが2009年に始めた活動の輪が広がり、年々参加者を増やしているという。

 「Malu Dong-Buang Sampah Sembarangan」=「恥ずかしい!ゴミのぽい捨て」をキャッチフレーズに、ゴミの分別やリサイクルについてのレクチャー、ビーチクリーン活動を行う。

 「観光の島バリ島をもっと清潔にするため、ゴミ問題に対処していかなければ」とBIMOさんは話す。

 当日はIda Bagus Rai Dharmawijayaデンパサール市長も参加予定。海岸の入り口に「ゴミ捨て禁止」の看板を立てるほか、さらなる看板を立てるための制作費用の寄付を募る。
(バリ経済新聞)

グローバルフォトニュース